自分に合ったところで働きたい

薬の効果は?と聞かれた時、何がどうか答えられたらいいと思ったのがきっかけでした。
身内に病気の人がいると誰でも思うことはあるのかもしれない、ある意味あるある。
自分も同じだったのですが、身内に病気持ちがいたから薬に詳しくなりたいと思った。

その点では医師になりたいという思いより、医師より薬に詳しい薬剤師を目指そう。
そういう流れで薬学部の道に進んだけど、いざ就職になるとまだまだ未熟に感じるのです。

誰でも最初は新人として始めるのだけど、どこがいいかは迷えるところでした。
最近ではドラッグストアもあるけど大変だと思うし、個人的には小さなところで評判がいいところと思ったり。

これからの時だからこそ思うのが、薬学部の就活の分岐点なのかもしれません。
大きな製薬会社に入社することも考えないといけないし、就活は困難になっていくでしょう。

これからのことを考えないといけない、そんな時期に入ってきているのかもしれません。
簡単にドラッグストアや薬局だけじゃないので、製薬会社を考えたら幅広くなるのでした。

問題は自分に合ったところといえるのですが、実際はそれが分からないから困っているのです。
周りが就活している時なのに、と思うと焦ってしまうから、途中で辞めないように勤めたいかなと思うのです。

悩みどころだとつくづく思う、薬学部生の就活だけど、いざ自分で探すとなると困難です。
だけどこの道は進みたいから、この難題を突破しないといけないと先へはいけません。

どうなるか分からないと思っているけど、ハードルは高いなぁとつくづく思うのでした。