睡眠薬ではなく、サプリメント

子供の寝つきがあまりに悪く、困っていた時に医師にサプリメントを勧められて購入、使用し始めました。就寝時間のおよそ30分~1時間前に服用、布団に入ると無理なく自然に寝付く事が出来ました。それまで、布団に移動して電気を消しても、睡眠用の音楽をかけてみたりしても、何時間もなかなか寝てくれなかったのに嘘のように寝つきが良くなり睡眠薬のような依存性も無く安心して使用する事が出来ました。

本人たちも、寝る事が苦痛では無くなり、朝の目覚めも良くなった事で、日中を活発に過ごす事が出来るようになった事が嬉しかったのか、自分から進んで飲むようになり、慣れてくるとその日の体調で今日は飲まなくても眠れそうだから、飲まない。今日は飲んだ方が眠れそうだから飲んでおくといった感じで、自身の体調と相談しながら調整して服用できるようになり、睡眠の質も上がったように思います。

睡眠薬のような依存性も無く安心して使用出来る事が第一でしたので、医師からは睡眠薬を処方して依存の可能性を考えるとサプリメントで調整した方が良いと言われました。また、出来るだけ純度の高い物を選ぶようにアドバイスされました。

日本国内では成分によって販売出来ないものもあるようで、色々と試してみましたが、表示をよく見て、飲みやすく、デンプンなどでごまかされておらず、睡眠誘導成分の含有量の多いもの、純度の高い物を選ぶようにすると良いとアドバイスをいただきました。

服用量を調整する事で、多様な睡眠の状況にも対応できますし、健康被害も無く、依存の可能性も無い安全性の高いサプリメントで良質な睡眠を手に入れる事ができ、日々の生活も安定する事で、健康にもなります。睡眠を促すミルクペプチドサプリ、グッドナイト27000は、我が家の健康な生活に欠かせないサプリです。