あれを使わないといけないだなんて、お気の毒

福祉施設にて、介護のお仕事をしております。重症心身障害児(者)施設で、重度の障害者の方の入所施設です。そこでは、爪水虫にかかっている方が何人かいらっしゃり、爪が茶色っぽく全体的にダメージを受けているような状態です。爪水虫の方には、入浴や足浴後に、必ずラミシール軟膏を塗布しております。感染予防のため、手袋をはめて塗布しますが、徹底はされていないこともありました。簡単にうつるわけではないようですが、感染してしまったのかなという介護員もいました。基本的にはラミシール軟膏を塗りますが、塗っても、茶色い爪はそのままで、改善されることはないように思います。クリアネイルショットについては、あるご家族さんが個人的にもってこられ、使用されているのをみたことがあります。効果はまだ報告されていませんが、これまでと違う商品ということで注目しておこうと思います。

爪水虫を防止するには、こまめに石鹸で手を洗うなど、清潔に保つことだと思います。夏場、湿気が多いときに多く発症するイメージがあります。足の爪は、群れやすいので、特にかかっている人は多いように思います。ただ、一度、爪水虫になってしまうと、なかなか治らないようにも思います。スーパーのレジの店員さんで、顔だちはきれいなのに、爪が水虫で濃い茶色のような緑色のような状態になっている方をみたことがあります。最初は、手の爪に水虫が出来るKとに驚きましたが、お札を触ったり、カードを触ったりするので、こちらまで感染しないか心配になったことがあります。クリアネイルショットが画期的な商品であれば、ぜひとも解消してきれいな爪で接客をしていただきたいです。
http://xn--ccke5a8ayd4a5a8qwan2136gjn8b.jp/