眠れないのはつらい

眠れないのはとてもつらいことです。私もなんどか眠れないという経験をしました。会社で同僚とうまくいかなかったとき。そのときは、その同僚の事が頭から離れなくなりました。寝る前になると明日、あの人が何か言って着たらどうしよう。そのときどのように答えよう。どんなことを言われるだろうか。皆にはどのように思われるのだろうか。など夜、布団に入ると、次から次へと頭に浮かんでくるのです。このままでは眠れない。どうしよう。と考えれば考えるほど、悪循環に陥りました。目をつぶって深呼吸をしたり、羊を数えたり、寝ようと努力をしました。そうやっても、「眠れない」ということと「明日どうしよう」という思いが次々と頭に浮かんできて全然眠くならないのです。

眠れないのを解決するのは本当に難しいことだと思います。心配事は頭からなかなか離れてくれません。それでも明日はやってくるのです。明日になったら、普通に起きて、学校に行ったり、仕事に行ったりしなければならないのです。そこで、お酒を飲める人は、お酒に走ってしまうことがほとんどです。私もその一人でした。確かに、お酒を飲むとその場はよって眠ることができました。すべてを忘れて眠ることができるのです。こんなにうれしいことはありません。でも、一般的にはお酒を飲んで眠ることは危険だと言われています。だんだんとお酒の量が増え、アルコール依存症への道をたどってしまうのです。次の日の勉強や仕事に影響も出ます。眠れないときは、専門の病院に行くことが一番ですが、行けないときはサプリのセロトアルファの効果を利用してみるといいかもしれません。